検証2臭い

看護・介護現場などで日々発生する使用済みおむつなどの発臭性廃棄物。
看護師をはじめ、入院・入所者にとっても大きな悩みとなっています。
エコムシュウを導入すると、臭いの発生源をどれだけ抑えられるかを、ニオイセンサーの測定実験で実証しました。

エコムシュウ導入前3K(汚い・危険・きつい)意識を高める感染リスク

一般的なゴミ袋を使用して発臭性廃棄物を処理した場合、
袋の「結び目」などの隙間から臭気が漏れ出してしまいます。
汚物処理室などに保管するケースでは、これが原因で部屋全体に、いやな臭いが充満し、
看護・介護現場のいわゆる「3K(汚い・危険・きつい)」の原因になっています。

臭い指数:307 ※200以下では、人が臭いを感じることはありません。

一般的なゴミ袋で処理

臭い指数 307 ※この数値は、自社での実験値であり、保証値ではありません。
↓

エコムシュウ導入後97%の人が臭い漏れを感じない

エコムシュウ専用パックテープで発臭性廃棄物をパックすると、
パックテープ同士が瞬時に密着し隙間ができないので、臭いが漏れ出すことがありません。
汚物処理室などで使用済みおむつを一時的に保管する場合でも、臭いが漏れることなく、常に衛生的な環境を保てます。

臭い指数:170 ※200以下では、人が臭いを感じることはありません。

エコムシュウ専用パックテープで処理

臭い指数 170 ※この数値は、自社での実験値であり、保証値ではありません。

検証結果エコムシュウを導入すると清潔で衛生的な環境へ改善します!

臭いの発生源を絶つことで、今まで不快だった汚物処理作業が清潔で快適な作業へと様変わりします。

安心のサービスをご用意しています。保守メンテナンスサービス

  • 年1回の定期無償点検
  • 24時間365日対応
  • お得な定額料金プラン

詳しくはこちら

サポート

これより先のページの閲覧には、ログインが必要です。