エコムシュウ徹底解明!

作業効率について 施設内で毎日発生する汚物処理。臭い対策や二次感染対策を考慮して、適切な処理を行うにはさまざまな作業や工夫が必要になります。エコムシュウを導入すると、汚物処理の作業がどれだけ軽減できるかをご紹介します。

誰でも簡単に、適切な汚物処理が可能!

導入前 たいへん... 手間...工夫が必要
ワゴンで各病室に移動
ワゴンで各病室に移動

各病室の汚物を回収する場合、ワゴンにゴミ袋をぶら下げて廊下を移動します。

汚物を回収
汚物を回収

汚物を新聞紙で包み、廊下のゴミ袋へ一回一回投入します。

換気や消臭
換気や消臭

汚物を回収する際に臭い漏れがあるため、換気や消臭剤を使用するなどの作業が必要になります。

汚物を一時保管もしくは廃棄
汚物を一時保管もしくは廃棄

ゴミ袋がいっぱいになったら、口を縛り汚物処理室にて一時保管・もしくは廃棄します。臭い対策や二次感染対策を考慮して、さまざまな作業や工夫が必要になります。

導入後 エコムシュウなら、簡単・清潔・スピーディー!
導入後 エコムシュウなら、簡単・清潔・スピーディー!

さまざまな作動モード選択が可能なので、施設の汚物処理の工程に見合った作業が可能です。

エコムシュウを導入すると... 現場での作業効率を上げることはもちろん、汚物処理を高いレベルで平準化することが可能です。

エコムシュウ徹底解明! メニュー

  • 臭いについて
  • 菌の感染リスクについて
  • 作業効率について
ページトップへ